キーワード

最初にデザインを選んで…

名刺ダスの名刺品質

名刺ダスの名刺品質0

名刺ダスでは印刷工場のご協力により、明瞭で発色の美しい印刷品質、名刺として見やすく、また程よい厚みとかさばりにくい薄さのバランスをもった扱いやすい用紙をセレクトして名刺にしています。 安くて品質の確かな名刺を安心してご利用いただくことができます。

少量印刷に優れたコストパフォーマンスを発揮するコニカミノルタのオンデマンド印刷機


プリンター写真 ポイント新開発のデジタルトナーHDを採用
ワックス内包のオイルレス定着による、テカリの少ない仕上がり。 粒子の小粒径化、形状の均一化が生む、豊かな階調とリアルな再現性。 定評あるコニカミノルタの高画質をさらに進化させるべく、開発された新デジタルトナーによりワックスや色材など分子量、現像材を最適化するとともに、粒子表面の平滑性をアップ。 転写性能と再現性の大幅な向上に成功しています。

ポイントオフセット印刷に匹敵する文字写真画質
新デジタルトナーは、ベタ部など画質密度の高い部分でも光沢が変化せず、これまで以上にオフセット印刷に近い文字写真画質です。細文字の再現性やハーフトーンの美しさもいっそう向上しています。画質が問われるドキュメントほど高い付加価値をもたらします。

ポイント高解像度1,800dpi相当×600dpi
書き込み解像度は600×600dpi。さらに独自のスムージング処理により、プリント時1,800dpi相当×600dpiで印刷が可能です。カラー写真やグラフ、イラストなどよりも、より鮮明に印刷できます。

ポイント小さい文字でも鮮明に再現が可能
従来のスムージング処理より、いっそう効果の高い文字品質向上技術を開発。ハーフトーンスクリーン処理をソフトウェアではなく、エンジンのレーザー露光時間で制御します。小さな文字でも、読みやすく鮮明な印字が可能です。


名刺として使いやすい180kg(四六換算)を基本用紙としてチョイス。厚すぎず薄すぎず、平均的に使いやすい用紙をご用意しています。


ポイント名刺として最もポピュラーな180kg(四六換算)の厚みの用紙を使用。 180kgとは官製はがきの厚みとほぼ同じです。お手許に名刺とはがきがありましたら厚みを比較してみてください。

220kgの用紙を高級名刺としているところもあります。量が多いので原価が高くなるのは事実ですが、厚みが増す分かさばります。 持ち歩くにもおいて置くにも、かさばってしまい、「厚い紙=高級」かというと疑問が残ります。

当ショップでは、薄すぎない、厚すぎない名刺として180kgが適当ではないかと考え、この厚みをご提案しています。

名刺の用紙について

ポイント 用紙は「つやなし(マット紙)」「つやあり(コート紙)」の2種類からお選びいただけます。注文の際にどちらかをご選択ください。

ポイント コート紙(つやあり)=エスプリコートFP(180kg[四六換算])
鏡面のようなクリスタルな輝きが魅力の表面白を活かしたデザインにピッタリ。 ウラ側はスタンプ等のインキを吸い取りやすい上質タイプです。

ポイント マット紙(つやなし)=ベストマット(180kg[四六換算])
しっとりとした風合いのクリームがかったマット紙。 やさしさやぬくもり感を表現することができます。

詳しくお聞きになりたい場合、また用紙につきましてリクエストがありましたら、お気軽にお問い合わせください。


このページの上部へ戻る